Toyota Texas Bass Classic 2015はブレント・エーラーが優勝

2015-Final-Results
Toyota Texas Bass Classicって日本ではあまり知られてないけど、野球でいうところのオールスターみたいなトーナメントでめっちゃおもしろいんですよ。

またまたアメリカトーナメントネタですみません。個人的に好きなもんでw ということで、今回の大会はアメリカのトヨタとテキサス州のパークス&ワイルドライフデパートメントが主催するTTBCです。選手の選出方法は定かではありませんが、バスマスターからはヴァンダムやアイク、FLWからはアンディー・モーガンやブライアンスリフトといった人気も実力もトップレベルのアングラーがでかバスファクトリーで知られるレイク・フォークに集結します。

レイク・フォークは僕も学生時代からキャンプに行ったり、トーナメントに参戦していたときは拠点にしていたこともあり個人的にり愛着がある湖なんですよね。フォークはブラックバスの保護とバスアングラーを優遇するためにスロットリミットという制度を設けています。通常、アメリカではどこの湖にもサイズキーパーがあるのですが、ほとんどの湖がラージマウスバスが00インチ以上、スモールマウスバスが00インチ以上といった具合なのですが、フォークの場合は最もよく釣れる16~24インチ(約40~60cm)をキープできないようにしています。こうすることで一般的なトーナメントができないためバスが守られ、また保護されたバスがアングラーを暖かく迎えてくれると言うわけです。では、TTBCはどういう方式なのかというと、その場で検量して直ちにリリースというフォーマットです。もちろん24インチ以上を釣ればライブウェルに入れて持ち帰ることができるのですが、この方式を採用することで、よりキャッチ&リリースの意識を高めるという狙いもあるようです。会場にバスが持ち込まれないのは盛り上がりにかけるかもしれませんが、それ以外にもプロミュージシャンのコンサートやタックルショーでもてなしてくれるのがこのTTBCです。

Final Results

  1. Brent Ehrler – 89 lbs. 12oz.
  2. Jason Christie – 87 lbs. 12oz.
  3. Andy Morgan – 83 lbs. 12oz.
  4. Chris Lane – 83 lbs. 8 oz.
  5. Shad Schenck – 81 lbs. 4 oz.
  6. Casey Ashley – 79 lbs. 4 oz.
  7. John Crews – 78 lbs. 8 oz.
  8. Mike Iaconelli – 72 lbs. 8 oz.
  9. Keith Combsm – 65 lbs. 12 oz.
  10. Brandon Palaniuk – 51 lbs.

Toyota Tundra Big Bass: Brent Ehrler – 10 lbs. 11oz. ブレントはビッグフィッシュ賞も獲得で新車のタンドラもゲット! 先日のFLWツアーはブライアンで今回はブレント。アメリカで最も親交のある2人が2戦連続で優勝って、なんだか不思議な感じですね。いずれブレントについても書かなくてはね。

IMG_1447そういえば以前はチーム戦だったんだ。2008年の優勝チームにはケリー・ジョーダンとランス・ヴィック、それにデビッド・ウォーカーにトロフィー財閥のスミスオジサン。KJとランスがフォークで同じチームって有利すぎるでしょ。
IMG_1363 IMG_0924 選手やスポンサーのバンクエットでは豪華なお食事にビールも飲み放題。アーロンも若いですね。
IMG_0838 会場ではタックルの購入もできます。ブースの数も40~50くらいはあったんじゃないかな。
IMG_1465 会場はコンサート目当てのお客さんも少なくありません。ちょっとした野音みたいな会場だよ。
IMG_1099 テキサス、ルイジアナといえばやっぱザリガニ。日本のザリもそろそろいい時期なんだよな。久しぶりに食べたいな~。  
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です