2015年フォーレストウッドカップ・レイクワチタ戦はナイト選手が逆転優勝!

F1
Photo by FLW

週末に開催されたFLW最大のイベント、フォーレストウッドカップが閉幕しました。先日も書いたようにこのイベントはバスマスタークラシックに匹敵する米国のバスシーンを象徴する大会のひとつです。2日間の予選で20人にカットされ、3日目の準決勝では10人カット、最終日の決勝ラウンドは10人、トータルウェイトで競われるフォーマットです。ジェイコブ・ウィーラーが2位のナイトに12オンスの僅差て最終日を迎えましたが、ウィーラーはリミットメイクに失敗し失速。全体的にウェイトが伸び悩んだことでナイトが逆転優勝で賞金500000ドル(約6000万円)を手中に収めました。彼のメインパターンはクリーク奥のティンバー周りにバズベイトとドロップショットといういたってシンプルな釣りですが、最終日は5年間釣っていないというクランクを引っ張り出したそうです。

よく調べるとそのクランクはクレイグ・パワーズというテネシーのアングラーのハンドメイド。クレイグとは一度だけユーファウラの試合で同船させてもらいましたが、めちゃくちゃ釣りが上手でした。とくにキャストに関しては他の誰よりも制度が高かったのを覚えています。日本での知名度は低いですけど、彼のホームメイドクランクはプロアングラーの間でもシークレットにされているんですよね。

2015フォーレストウッドカップ最終成績表

1 BRAD KNIGHT 51 – 12 (20) $500,000
2 RAMIE COLSON JR 47 – 13 (18) $60,000
3 BRANDON COBB 47 – 11 (20) $50,000
4 JACOB WHEELER 45 – 13 (18) $37,500
5 SCOTT MARTIN 45 – 4 (18) $30,000
6 BRYAN THRIFT 45 – 0 (20) $24,000
7 LARRY NIXON 44 – 10 (18) $23,000
8 ZACK BIRGE 43 – 11 (20) $22,000
9 MARK DANIELS JR 37 – 12 (19) $21,000
10 CHRIS BAUMGARDNER 37 – 9 (16) $20,000
11 DAVID DUDLEY 30 – 8 (15) $15,000
12 WESLEY STRADER 30 – 5 (15) $15,000
13 DAVE LEFEBRE 29 – 12 (15) $15,000
14 STETSON BLAYLOCK 28 – 3 (15) $15,000
15 TODD AUTEN 26 – 3 (10) $15,000
16 JAMES BIGGS 25 – 1 (14) $15,000
17 LUKE CLAUSEN 24 – 12 (10) $15,000
18 MATT AREY 24 – 12 (12) $15,000
19 ISHAMA MONROE 23 – 2 (9) $15,000
20 CLARK WENDLANDT 22 – 13 (11) $15,000
21 CHRIS MCCALL 19 – 2 (10) $10,000
22 JOHN COX 18 – 4 (7) $10,000
23 ANTHONY GAGLIARDI 17 – 4 (10) $10,000
24 MATTHEW STEFAN 16 – 11 (7) $10,000
25 ANDY MORGAN 16 – 10 (7) $10,000
26 SCOTT CANTERBURY 16 – 9 (10) $10,000
27 ADRIAN AVENA 16 – 0 (10) $10,000
28 SHANE LEHEW 15 – 15 (8) $10,000
29 MICHAEL NEAL 15 – 9 (7) $10,000
30 JAY YELAS 15 – 5 (10) $10,000
31 CODY MEYER 14 – 13 (8) $10,000
32 CLENT DAVIS 14 – 4 (10) $10,000
33 SCOTT WILEY 14 – 2 (8) $10,000
34 JIM MOYNAGH 12 – 15 (7) $10,000
35 RICHARD PEEK 12 – 9 (8) $10,000
36 PATRICK WALTERS 12 – 7 (6) $10,000
37 ROY HAWK 11 – 10 (7) $10,000
38 TRACY ADAMS 11 – 7 (6) $10,000
39 JASON REYES 10 – 11 (6) $10,000
40 CLARK REEHM 9 – 4 (5) $10,000
41 SHAD SCHENCK 8 – 10 (5) $10,000
42 DARRELL DAVIS 8 – 7 (4) $10,000
43 JASON MENINGER 7 – 15 (5) $10,000
44 CURTIS RICHARDSON 7 – 13 (3) $10,000
45 SHAWN GORDON 7 – 7 (4) $10,000
46 TROY MORROW 7 – 7 (6) $10,000
47 PETER THLIVEROS 7 – 5 (5) $10,000
48 CASEY GALLAGHER 6 – 14 (4) $10,000
49 SHINICHI FUKAE 6 – 7 (4) $10,000
50 GEORGE KAPITON $10,000

 

おっと、この記事の主役はブラッド・ナイトでしたね。ブラッド・ナイト、ブラッド・ナイト……。う~ん、聞いたことあるようなないような、ということで調べてみたら案の定、目だった活躍はなかったのですが、なんと僕が出たトーナメントにコアングラーで出場しているではありませんか!しかも、俺、勝ってるしw 前職はドラッグストアのマネージャーだった彼はフルタイムプロに転身してまだ2年しか経ってないようです。一夜にしてアメリカンドリームをつかんでしまった彼の今後に注目しましょう。

下の成績表は、まだエバースタートと言われた時代のウェストポイントでの試合です。僕はたまたま空き時間があって会場の近くに宿泊していたんですけど、トーナメント初日の朝にクリス・ジョーンズ(当時のトーナメントディレクター)から電話がきて「未知、近くにいるならすぐにきてくれ!コアングラーがひとりこないんだ。エントリーフィーはFLWが持つからとにかくきてくれ!」って。そんな感じで9時くらいにスタートした記憶があります。初日は確かイーキンスジグ+パカチャンクであっさりリミットを釣って、2日目は1~2本だったのかな。で、最終日はバドでキッカーを釣ってちゃっかり4000ドルをもらったと記憶しています。しかもエントリーフィーただw

そんな試合に今回優勝したナイト選手が出場していたんですよ。現在、アメリカのバスプロランキング1位のブライアン・スリフトも元々はエバースタートのコアングラーからスタートして、何度か同じ試合にも出場しています。彼は当時からフィッシングマシーンで、昔のロドリで未来のヴァンダムって書いたことがあります。FLWのメインイベントは一段落ですがバスマスターエリートのほうもいよいよ最終戦です。日本人選手の活躍にも期待ですね。

1 MATTHEW PARKER 31 – 9 (13) $5,000 + Ranger Boat & Trailer: $30,000
2 MICHI OBA 26 – 1 (13) $4,000
3 TIM VANEGMOND 22 – 11 (10) $3,440
4 TOMMY GUNN 22 – 14 (10) $2,440
5 RICHARD MITCHELL 25 – 9 (12) $1,940
6 JIM BARNICK 23 – 13 (13) $1,840
7 JOHNNY PITTMAN 19 – 2 (9) $1,740
8 RONALD MUELLER 18 – 3 (10) $1,640
9 JOHN CROSBY 14 – 11 (7) $1,540
10 JAMES CHAPMAN 13 – 13 (6) $1,440
11 MIKE MAHADY 13 – 0 (9) $1,055
12 TONY HAYMON 12 – 15 (6) $955 + Big Bass: $235
13 SCOTT WALKER 12 – 10 (7) $855
14 ROBERT RUSSELL 12 – 8 (6) $755
15 BRAD KNIGHT 11 – 6 (3) $655 + Big Bass: $235

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です