マツラバのニューサイズと相模湖取材などなど

IMG_8436
一昨日~昨日は相模湖でお仕事でした。帰宅してみるとマッツンことデプスプロスタッフの松下雅幸くんから宅急便が届いてました。

その中身が写真のマツラバ(ヘッド)。ちょうど一週間くらい前だったかな、マッツンにゴム弾で撃たれる夢を見て、その数日後、久しぶりに本人から電話がありました。以前からライトなマツラバがあったらいいなと思っていたんだけど、それが形になったという内容の電話で送ってくれたのです。マッツン、ありがとうね!写真のヘッドは上から既存の1/2オンス、3/8オンス。一番下の小さいのが今回のニューモデル3/16オンスに#3/0フックのモデル。大きいほうには散々お世話になったし、もちろん今でもよく投げています。とくに満水の亀山ではオーバーハング下にスキップさせてサーチするのにベストなルアーと言ってもいいんじゃないかな。ただ、ちょっと濁ったときやスローなコンディションでは小さめのトレーラーをつけてゆっくり引きたいことがあります。それを叶えてくれるのがこのライトバーション!

ということで、昨晩さっそくスカートを巻いてみました。基本的にスカートは自分で巻きます。もちろん市販のマツラバはスカートが巻いてあります。ガードも製品はもう少し長いです。自分で巻くカラーはその時期のベイトフィッシュや水の色、あとは使いたいトレーラーのカラーで決めます。まあ9割はグリパンベースでほとんどはそのときの気分なんですけどねw

 

IMG_8437
上の3個はグリパンにブルーグリマーをアクセントにした僕の亀山実績カラーです。で、下のUglyなやつは酔っ払っって巻いた、亀山のベイトフィッシュをミックスした『オイカワカサギル!』。そう、オイカワ、ワカサギ、ブルーギルっぽい色をちょっとずつ混ぜた色です。ヘッドがもったいないいから、これは巻きなおしかなw

IMG_8426
ジグを巻く前は麻布十番で中学時代のプチ同窓会。僕は2次会で切り上げてジグ巻きに帰りました。30年来の付き合いだけどみんな変わらないな。なかなか刺激的な宴でした。その後は4次会まで続いたとか。平日なのにみんな若いな~w

IMG_8411
さらに時間をさかのぼると、2日間相模湖でお仕事をしていました。僕も、この1年で2回釣りをする機会があったんですけど、サイズを問わなければ亀山よりも釣れますね。一時期の『釣れない相模湖』から変貌を遂げましたね。どうりで平日なのに人が多いわけです。聞く人みなさん釣られてましたよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です