ハラハラドキドキのJBトップ50最終戦初日

この週末は日本最高峰のバストーナメント、JBトップ50の最終戦が霞ケ浦で開催中です。全5戦中4戦を終えた時点で暫定1位は五十嵐誠選手。2位の青木大介選手に28点差で大幅リードしています。この試合を五十嵐選手が27位以内でフィニッシュすれば年間チャンピオンが決まります。

 

第4戦終了時の暫定年間ランキング

暫定順位 氏名 ポイント計 重量計 1位との差
1位 五十嵐誠 227p 37,815g 0p
2位 青木大介 199p 33,869g 28p
3位 小森嗣彦 196p 30,229g 31p
4位 福島健 187p 32,698g 40p
5位 小野俊郎 182p 27,591g 45p
6位 川又圭史 181p 26,178g 46p
7位 沢村幸弘 177p 26,666g 50p
8位 市村直之 173p 28,831g 54p
9位 北大祐 167p 25,801g 60p
10位 SHINGO 165p 26,747g 62p

そして運命の初日…………
_MG_0099
なんと2674g(5本)で27位!本人は気が気ではないでしょうね。見ているほうはおもしろいんですけど。

_MG_0085
暫定2位の社長は3960g(5本)で暫定9位。追い込まれるほどにポテンシャルを発揮するタイプ(個人的印象)だけに優勝も十分ありえる。

_MG_0024
本日異次元っぷりを発揮したのはオッキーこと澳原潤選手。驚愕の6700gオーバーは、もしかしたらカスミ水系のトップ50レコードかもしれないらしいです。

_MG_0048
暫定2位は沢村さん。最年長優勝記録奪還の予感!? たまたま沢村さんのホテルに居合わせたんですけど17時半に食事に出かけ18時半に戻り「おやすみ!」といって部屋に戻っていったのが印象的でしたw

これまでにもさまざまなドラマが生まれた霞ケ浦の最終戦、ハラハラドキドキです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です