FLWシリーズ第1戦オキチョビ


先週末に開催されたFLWシリーズはギャンブラー社の社長が逆転優勝を飾りました。僕がアメリカのトーナメントに出てたときはマイクサーマンが同社のオーナーだったんですけど、いつのまにか売却されたようですね。
僕らの世代ではオキチョビといえばローランドマーチンです。うろ覚えですが出身はサウスキャロライナだったかな。一度は引退したけどまた復活してちょいちょい活躍しています。今大会の初日も彼の息子スコットとともにトップ10に入っていました。親子でワンツーとかあったらそれは話題になるだろうと、リザルトをスクリーンショットしておいたのですがローランドは失速してしまいました。で、優勝したVal Osinskiの動画を視聴してみたんですけどこれがまたユニークなこと。まず彼の苗字の発音が気になります。『オシンスキー』か『オジンスキー』か。添付の動画は決勝ラウンドのものだと思うんですけど、ボートがフルフラット仕様。エレキはフロリダに多いフロントのハンドコン。愛犬も同船。お着替えもばっちり!ベアフット(はだし)。キャップを飛ばす。しっかり釣る。もうね、突っ込みどころ満載でいかにもアメリカンなんですよ。結果よりも釣り方よりも気になるウィナー、それがオジンスキー!?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です