亀山、利根川、相模湖、牛久などなどまとめて振り返ってみる

 

7月後半から8月にかけて、iPhoneのアルバムからフィールドワークを振り返るというとそれらしいけど、平たく言うと手抜きですね。けれど自分のためにも記録として残しておかないとね。

上の写真は一日20cmの勢いで減水が進む7月25日の亀山ダム。いつもお世話になっているおりきさわボートの桟橋も半分ほど干上がりこの夏の営業存続が危ぶまれる状況。減水したおかげでバス密度が高くなったためか、朝からバズベイトに景気良くストライクが連発。終わってみればバズだけで20本以上という結果。しかしバズに出るバスはマックスでも40cm弱、ということでサイズアップを目指していたら笹川上流にいました。

減水2.7mでも笹川筋は広瀬手前までエントリーできるんですね。同日の小櫃川筋はおりきさわボートの店裏が限界でした。笹川上流部には先行者が2艇。見えバスもちらほらいたので後方からカバーにブルフラト4.8インチ3.5gテキサスリグを撃っていくと数頭目からバイト。水深30~40cmのところでボトムもうっすら見えているにもかかわらず40cmアップが連発!

短時間で6バイト4フィッシュ。バズのまとめ釣りとそこそこサイズも出て減水を満喫。ただ、課題も一つ増えました。それはキンクー13インチの釣り。この日も3回バイトがあったけどいずれもスッポ抜け。いや、一回はクラッチをきって走らせてるあいだにあっさり吐き出したんだっけ。面倒だけどコバ(小林知寛くん)のウナギリグを導入しないといけないかな。ウナギリグに関しては今月末発売予定のロッド&リール(10月号)に詳しく書いていてあります。発売前なので、ここでは割愛。

 

翌々日はノリオ師匠とプライベート相模湖。なんでもこの2日前に50cmアップを含むナイスなサイズを3本キャッチしたとのことで、意気揚々と柴田ボートさんに乗り込みました。こちらは師匠から送られてきた2日前の写真。

ノリオ師匠はノンビルのチューニングバージョン、僕はブルシューターJr.などのギル系ベイトを後ろからせっせと投げ倒し、2人でデコりましたw

キクさんっぽい人がいますね~、といってたらなんと本人でした。釣りビジョンの撮影できていたようです。

 

相模湖のあとはバディのカネゴンと利根川上流アタック。利根川本流での釣りは久々。16~17年前はよく通っていたのですが、上流部は初めてです。開始早々カネゴンがバイブレーションでビッグなシーバスを連発。暴れるスズキさんの口からトレブルフックを外すのはかなり危険な作業。僕もビッグブロンズを求めてデプスのプロトバイブを投げます。するとガツンと強烈なバイト。細い魚体が見えてっきりシーバスだと思いテキトーにいなしているところでジャンプ&フックアウト!「いまのブロンズじゃないですか。しかもデカかってですよね~。シーバスだと思ってちゃんとアワセてなかったでしょう」とカネゴン。だってシーバスからハリ外すの怖いもんw

そんなことはおかまいなしに当たったらガツンとアワセるカネゴンに巨大魚がヒット。しかも口に掛かってるし。そのバイブレーションよく釣れるね~w そんなハプニングだらけでめちゃくちゃ楽しい釣行でした。カネゴンまた行こうね!

 

灼熱の亀山、相模湖、利根川の後はバサーの田辺道場取材。釣りを始める前にノリオ師匠はPCPワークアウトからスタート。

この日は3時起きだったのですが、不覚にも僕が寝坊してしまい予定より遅れてスタートしました。

僕の寝坊を帳消しにしてくれたのが写真のバス。ノリオ師匠の関東レコード(ルアー)となるバスが出たんですよ。「バミチが寝坊してなかったらこのタイミングでこの場所に入ってなかったんだから、バミチのおかげだよ」と師匠。あくまでも結果であって本当に反省です。この1本に助けられました。詳細は今月末発売のバサー10月号にて!

 

ロケ翌日は木村さんがボコっている釣りを習得するべく亀山へGO!こういうのは旬なときにやらないと意味がないからね。

木村さんのジグゲームの話をしたら「俺も行きたい!」と言い出す師匠w 夜は飲みがあるので15時には上がりますけど。それでも行くということで師匠同船3日目となりました。途中で木村さんに電話していろいろ教わりながらやっていくと、僕のコンツアージグに強烈なバイト。ボートの際まできたところでポロリ。師匠「マジか!あんなでかいの食っちゃうんだ。57~58cmはあっただろ」。間違いなく今年の僕の最大魚になるバスでした。今年はことごとくビッグフィッシュをバラシまくってますorz   それでも各々10バイト以上と強烈な体験をすることができました。

取材で訪れていた河辺さんがヘリーハンセン1号の乗ってくれてます。遊心のバウデッキも導入されてますね! 3点留めタイプはしっかり固定できるし本当に完成度が高いんですよね。レンタルボートアングラーには絶対おすすめです。

 

亀山ジグ修行の夜は久々の平本会。会長は今シーズンのWBSは最終戦を残して暫定2位。ビッグウェイト釣って逆転に期待です。解散後はルアーマガジン総合プロデューサーのマイコー氏と2次会。4時起きだったこともあり後半はあまり記憶がありません。気づいたら駅員さんに肩を揺すられておりましたw

 

週末はバスクリニックです。本来は亀山の予定でしたがテーマがカバーということと減水によりおりきさわボートからの出船が危ぶまれたので、9割がカバーの牛久沼に変更となりました。Y田さんとは3回目の釣りです。牛久沼のボートは初めてらしく、カバーのノウハウとピッチングのフォームなどをクリニックさせていただきました。2回ずつバイトがあったのですが、キャッチできたのは僕のライギョ1本だけ。たまやボートからは31人出て3本しか釣れてなかったようです。そんなときだからこそミスっちゃダメですよね~。

牛久沼みたいなベジテーション系カバーの釣りではワームの素材がものすごい大事です。僕がメインで使うのはデスアダーホッグとウルトラバイブスピードクロー。この2種類があれば牛久も印旛もオーケーかな。吉田さん、牛久リベンジ行きましょうね!

 

おまけ写真1 なにかのついでに赤坂サカスにいったら小力がライブしてました

 

おまけ写真2 近所の福引きで特賞、3等、トイレットペーパー27個などなど大量当選w

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です